営業を辞めたい8つの理由|辞めてよかったと感じる人や向いていないの特徴・性格

「毎月ノルマに追われるのが大変・・・」
「上司からもお客さんからも叱責されてつらい・・・」
「土日も対応に追われて休めない・・・」

営業職あるあるですよね…毎月ノルマに追われ、プレッシャーで押しつぶされそうになりませんか?上司からの叱責、顧客からのクレーム、休暇返上…心身ともに疲れ切ってしまうことも多いですよね。

「もう限界…」と感じているあなた。一人で抱え込まず、周りの人に相談してみませんか?同じ悩みを持つ仲間や、解決策をアドバイスしてくれる上司がいるかもしれません。

メンタルや体調に影響が出ている人は・・・

無理に仕事を続けていても身体を壊しかねないため、会社や他人のことよりも、まず自分の健康を最優先に考えましょう。

合わない職場で働くのは百害あって一利なしです。

  • 上司に相談しづらい
  • 会社に近づくと動悸が激しくなる

など既に苦しんでいる人は、その日のうちに退職を決定できる『退職代行サービス』に代わりに連絡してもらうのがおすすめです。

目次

営業を辞めたい8つの理由

営業を辞めたいと感じる理由緊急度の高さ
(今すぐ辞めた方がよい)
長時間労働と休日出勤の多さ
圧倒的なノルマとプレッシャー
精神的に消耗するコミュニケーション
倫理観と葛藤
自己研鑽への時間確保の難しさ
常に変化する環境への適応
将来への不安
成果が目に見えにくい

毎月のノルマに追われ、プレッシャーで押しつぶされそう…。上司からの叱責、顧客からのクレーム、休暇返上…心身ともに疲れ切ってしまい「もう限界…」と感じている人が多いと思います。

既に心身の健康を害していると感じる場合は、自分で気付けているうちに辞めた方がよいでしょう。正常に判断できず、壊れてしまってからでは遅いためです。ただし、成果や評価への不満などが理由であれば、結果は後から付いてくることもあるため辛抱した方がいい人もいるでしょう。

圧倒的なノルマとプレッシャー

営業職の退職理由として、 圧倒的なノルマとプレッシャー は大きな問題です。しかし、その原因は単にノルマの厳しさだけでなく、 職場環境 にも大きく影響を受けていると考えられます。

達成不可能に近い高いノルマは、常に向上心と焦燥感の板挟みに置き、精神的なプレッシャーを招きます。

また、ノルマ達成のために残業や休日出勤を余儀なくされ、心身ともに疲労困憊し、ワークライフバランスが崩れます。努力しても必ずしも成果に繋がるわけではなく、徒労感や無力感に苛まれる人も多いでしょう。

営業を辞めた or 辞めたい人の声

スクロールできます
30代男性

入社当初は目標達成への意欲が高かったのですが、毎月のノルマがどんどん上がり、気がつけば残業や休日出勤が当たり前になっていました。睡眠不足や疲労で体調を崩すことも多く、プライベートも犠牲にせざるを得ない状況でした。頑張っても成果に繋がらなかったこともあり、達成感も得られず、精神的に追い詰められてしまいました。

40代男性

会社全体が数字至上の風土で、顧客との信頼関係よりもノルマ達成が優先される環境だった。倫理的に葛藤を感じる場面も多く、営業としてのやりがいを感じられなくなった。また、年齢とともに体力的な衰えを感じ、長時間労働に耐えられなくなったことも退職の理由の一つとなった。

20代男性

入社当初から上司からのサポートがなく、一人で営業活動を行うことが多かった。わからないことがあっても気軽に相談できる相手がおらず、孤立感を感じていた。また、目標達成できないと叱責されることが多く、精神的な負担が大きかった。

圧倒的なノルマとプレッシャーを我慢して営業を続けることは、心身の健康、人間関係、キャリア、モチベーションなど、様々な側面において深刻なリスクを伴います。やりがいを見い出せないようであれば、早めに辞めることを強くおすすめします。

長時間労働と休日出勤の多さ

営業職は、やりがいのある仕事である一方で、長時間労働と休日出勤が多いという大きなデメリットがあります。これらの要因が重なり、多くの営業担当者が転職や退職を決断しています。長時間労働と休日出勤は、心身に大きな負担をかけ、慢性的な疲労状態を引き起こします。

睡眠不足や体力的な疲労に加え、精神的なストレスも蓄積し、以下のような症状が現れる可能性もあります。

こんな症状が出てたら黄色信号
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 胃腸障害
  • うつ病
  • 不安障害

さらに、帰宅が深夜や早朝になることが多く、規則正しい生活習慣を送ることが難しくなります。

営業を辞めた or 辞めたい人の声

スクロールできます
30代男性

「入社当初から残業は当たり前で、休日出勤も月2回以上ありました。特に繁忙期は、連日深夜まで働き、家に帰っても疲れ果てて何もやる気になれませんでした。プライベートの時間が全くなく、体調を崩すこともありました。このままでは身体も精神も持たないと感じ、転職を決意しました。

20代女性

営業はノルマが厳しく、達成できないと上司から叱責されることがありました。目標達成のために、休日も顧客への訪問や資料作成に費やすことが多く、自分の時間が全くありませんでした。また、上司とのコミュニケーションも上手くいかず、常にストレスを感じていました。心身ともに疲弊し、営業を辞めることを決断しました。

20代男性

常にストレスを感じていました。心身ともに疲弊し、営業を辞めることを決断しました。(20代女性)」
「営業職は、常に数字を追いかけることが求められる仕事です。ノルマを達成できないと評価が下がり、昇進昇給も難しくなります。また、顧客とのやり取りの中で、理不尽な要求をされたり、クレーム対応をしたりすることも多く、精神的に消耗する場面も多々ありました。ワークライフバランスを重視する私にとって、この環境は耐えられませんでした。

近年問題視されている過労死や過労自殺は、長時間労働が主な原因の一つです。心身の疲労が蓄積し、命に関わる事態に発展する可能性があります。ワークライフバランスを充実させたいと考えている方は、長時間労働や休日出勤が少ない職場を選ぶことをおすすめします。

精神的に消耗するコミュニケーション

営業職は、顧客とのコミュニケーションが重要な仕事です。しかし、そのコミュニケーションが精神的に消耗する場合、退職を考えるのは当然のことと言えるでしょう。

顧客の中には、理不尽な要求やクレームをしてくる人もいます。営業担当者は、そういった顧客に対して、冷静かつ丁寧に対応する必要があります。理不尽な要求やクレームに振り回される続ければ心は日々消耗していつか限界が来てしまいます。

営業を辞めた or 辞めたい人の声

スクロールできます
20代男性

私は1年間、広告代理店で営業職をしていました。しかし、同僚との人間関係の悩みで精神的に消耗し、退職しました。特に、先輩社員からのパワハラや、同僚とのイザコザが続き、職場に行くのが辛くなってしまいました。仕事自体はやりがいがあったのですが、人間関係のストレスに耐えられず、辞めることを決意しました。営業職はチームワークが重要な仕事ですが、人間関係に恵まれないと、精神的に大きな負担となります。

20代女性

IT企業で営業職をしていました。しかし、顧客からの理不尽な要求やクレーム対応が続き、精神的に消耗してしまい、退職を決意しました。特に、営業経験の浅い頃は、顧客の言いたいことに対してうまく対応できず、落ち込むこともありました。また、上司からはノルマ達成を強く求められ、プレッシャーも大きかったです。営業職はやりがいのある仕事ですが、常に精神的なストレスを抱えている状態では、心身ともに疲弊してしまいます。

30代女性

長時間労働と上司からのプレッシャーに耐えられなくなり、退職しました。特に、繁忙期には連日深夜まで残業することが多く、プライベートな時間がほとんどありませんでした。また、上司からは常に厳しい目標を課され、達成できないと叱責されることもありました。精神的に追い詰められ、体調を崩してしまうこともありました。営業職は成果が求められる仕事ですが、心身の健康を犠牲にしてまで続けることはできません。

理不尽な要求に追われることで、本来の業務に集中できなくなり仕事のパフォーマンスは低下します。ストレスを抱えた状態では判断ミスが多くなり、顧客とのさらなるトラブルに繋がる可能性が高まります。気が付いたときには収拾がつかない事態になっていることも多いでしょう。

成果が目に見えにくい

営業職は、数多くの案件を担当し、それぞれ異なる顧客と向き合いながら、長期的な視点で関係を構築していく仕事です。しかし、個々の案件の成果が出るまでに時間がかかり、すぐに結果が出ないことが多いため、モチベーションを維持するのが難しいと感じることは多いものです。

目標達成のために努力しても、努力した分だけ必ず成果が出るという保証はありません。

どんなに熱意を持って提案しても、顧客に断られたり、競合他社に負けたりすることがあり、自分の努力が報われないと感じてしまうもの。特に、時間をかけて関係を築いた顧客に断られたときは大きなショックを受けてしまうでしょう。

営業を辞めた or 辞めたい人の声

スクロールできます
20代男性

化粧品メーカーで営業職をしていました。しかし、結果が出ないことが続き、モチベーションが低下し、退職しました。特に、新規顧客を獲得するのが難しく、既存顧客からの注文も減少し、目標達成が困難になりました。また、同僚の中には次々と成果を上げている人もおり、自分との差を感じて自信を失いました。努力しても結果が出ない状況が続き、仕事への意欲が低下してしまいました。営業職は成果が重要ですが、結果が出ない時期が続くと、モチベーションを維持するのが難しくなります。

20代男性

長期的な視点で成果を待つことが苦手で、すぐに結果を求めてしまう性格が災いし、退職しました。特に、営業活動の効果が出るまでに時間がかかることが多く、焦りを感じていました。また、上司からは長期的な視点で顧客との関係を築くことが重要だと指導されていたのですが、すぐに結果が出ないことに納得できませんでした。営業職は長期的な視点で成果を待つことが大切ですが、私の性格には合っていませんでした。

20代男性

ベンチャー企業で営業職をしていました。しかし、自分が担当した案件の成果がいつ出るのか分からず、常に不安を抱えており、退職を決意しました。特に、スタートアップ企業の案件は、事業化までに時間がかかることが多く、いつ結果が出るのか予測が困難でした。また、上司からは常に高い目標を課され、プレッシャーを感じていました。成果が出るまで時間がかかる仕事であることに、精神的に耐えられませんでした。

努力がすぐに結果に出る案件ばかりではないため、地道に顧客開拓をしなければならない期間が長い人もいます。その努力が報われればよいですが、営業は断られるケースの方が圧倒的に多いため、ほとんどの人は気持ちが折れて成長できない自分に嫌気がさしてしまいます。

常に変化する環境への適応

顧客ニーズや市場動向は目まぐるしく変化しており、営業担当者は常に最新情報にアンテナを張り、それに対応した提案を行う必要があります。しかし、情報収集や分析に多くの時間と労力を必要とし、変化のスピードに追いつけないとストレスを感じる場合もあります。

さらに、デジタル技術の発展により、営業方法やツールも大きく変化しています。例えば、SNSやメールマーケティングなどのオンライン営業が主流になりつつあったり、顧客管理システム (CRM) などのツールを活用することが求められたりしています。しかし、新しいツールを使いこなすのに時間がかかったり、従来の営業方法に慣れているために変化を受け入れられなかったりすると、仕事に追いつけないと感じる場合もあります。

営業を辞めた or 辞めたい人の声

スクロールできます
20代男性

顧客によって必要なソリューションや導入状況が大きく異なり、常に新しい知識やスキルを習得する必要がありました。また、競合企業の新規参入も多く、常にプレッシャーを感じながら仕事をしていました。上司からは結果を求められ、顧客からは丁寧な対応を求められ、常に板挟みに遭っていました。その結果、精神的に追い詰められ、営業職を辞める決断をしました。

30代女性

住宅メーカーで営業職をしていました。上司は常に高い目標を設定し、結果を厳しく管理していました。しかし、私の担当エリアは競合が多く、なかなか目標を達成することができませんでした。上司からはプレッシャーをかけられ、焦りと不安で毎日が苦痛でした。目標達成のために、本来必要な時間よりも早く顧客に提案したり、無理な約束を取り付けたりすることもありました。その結果、顧客との信頼関係を損ねてしまい、さらにプレッシャーが強まるという悪循環に陥りました。精神的に追い詰められ、営業職を辞める決断をしました。

40代男性

電機メーカーで営業職をしていました。近年、会社は顧客管理システム (CRM) や営業支援ツールなどの新しいツールを導入しました。しかし、私はパソコンが苦手で、新しいツールを使いこなすことができませんでした。上司や同僚からサポートを受けながらなんとか仕事を続けていましたが、常に人手に頼っている自分が情けなく感じました。また、若い世代の営業担当者がどんどん活躍するようになり、自分が戦力外になっていることを実感しました。時代の変化についていけず、悔しさを感じながらも、営業職を辞める決断をしました。

環境の変化は営業職に限った話ではありませんが、常に顧客とリレーションをとりリードしなければならない営業職でとくに多くのインプットが求められます。どれだけ対応しても勉強の日々が続くため、成果が出ないことに加えて疲弊しやすい原因になるでしょう。

自己研鑽への時間確保の難しさ

営業職は、長時間労働になりがちです。特に、新規顧客開拓や顧客との商談には多くの時間が必要となるため、プライベートな時間を確保することが難しく、自己研鑽のための時間も確保しにくくなります。

また、営業は常に目標達成を求められるため、プレッシャーを感じながら仕事をすることが多いです。そのため、精神的な疲労が蓄積し、集中力が低下しやすくなります。そのような状態では、勉強や資格取得などの自己研鑽に取り組むことが難しくなるでしょう。

営業を辞めた or 辞めたい人の声

スクロールできます
20代男性

自己研鑽のための時間確保について上司に相談しても、「時間がないなら効率的に仕事を進めろ」と突っぱねられてしまいました。自己研鑽の重要性を理解してもらえず、時間確保が難しいと感じていました。このままではスキルアップが難しく、将来が不安になると感じ、営業職を辞めてコンサルタントに転職することを決意しました。

30代女性

アパレルメーカーで営業職をしていました。平日は夜遅くまで残業し、休日は研修やイベントへの参加で潰れていました。結婚して子供を産んでも、営業職を続けることは難しいと感じ、キャリアチェンジを決意しました。自己研鑽への時間確保も諦め、プライベートな時間も確保できない状況に限界を感じました。このままでは子供との時間も確保できないと思い、営業職を辞めてフリーランスとして独立することを決意しました。

20代女性

上司からは結果を求められ、顧客からは丁寧な対応を求められ、常に板挟みに遭っていました。その結果、精神的に追い詰められ、営業職を辞める決断をしました。さらに、自己研鑽への取り組みが評価されない環境にも嫌気がさしていました。資格試験に合格したり、スキルアップ講座を受講したりしても、給与や昇進に繋がることはなく、モチベーションが低下してしまいました。このままではスキルアップが難しく、将来が不安になると感じ、営業職を辞めてしまいました。

目の前の仕事に一生懸命取り組むのは大切ですが、将来まで見据えて行動しないと後々後悔することになります。しかし、多忙を極める営業職では、その自己研鑽や将来への投資に充てる時間もとれないことで不安が増大してしまうようですね。

倫理観と葛藤

営業職は、顧客に商品やサービスを販売することが仕事です。しかし、中には、顧客のニーズや予算を無視して、無理に商品やサービスを販売しようとする営業担当者もいます。このような行為は、顧客の信頼を損なうだけでなく、倫理的に問題のある行為と言えます。

会社や上司の倫理観と、自分の倫理観が異なる場合、営業職を続けるべきではないでしょう。会社が利益を追求するためには手段を選ばないという考えを持っている場合、それに乗っかってしまうのは、正しい倫理観を持つ人にとっては自分も他人も裏切る行為です。そんな自分に嫌気がさして営業を辞めるのは正しい判断です。

営業を辞めた or 辞めたい人の声

スクロールできます
20代女性

ノルマ達成のために、顧客に無理な契約をさせようとする上司や同僚がいました。例えば、経済的に余裕のない顧客に高額な商品を販売したり、顧客のニーズを無視して商品を押し売りしたりするような行為です。私はそのような行為に抵抗を感じましたが、上司や同僚から「営業は数字が全てだ」と言われ、意見を言うことが許されませんでした。次第に精神的に追い詰められ、営業職を辞める決断をしました。

20代男性

近年、環境問題への関心が高まっているにもかかわらず、会社は環境問題に配慮していない商品を販売していました。私はそのような商品を顧客に販売することに抵抗を感じましたが、上司から「売れない商品は作るな」と言われ、意見を言うことが許されませんでした。次第に自分が社会に貢献していないのではないかと考え始め、営業職を辞めました。

20代男性

上司から、顧客から賄賂を受け取るように強要されたことがあります。賄賂を受け取れば、契約がスムーズに進んだり、有利な条件で契約を結ぶことができたりすると言われました。私は賄賂を受け取ることに強い抵抗を感じ、上司に断りました。しかし、上司から「断ればクビだ」と脅迫され、仕方なく賄賂を受け取るようになりました。しかし、次第に罪悪感に苛まれるようになり仕事を辞めました。

まず、自分自身の倫理観を明確にすることが重要です。どのような行為が許されるのか、どのような行為が許されないのか、自分の中でしっかりと線引きをする必要があります。倫理観に反する行為を強要されている場合は、毅然とした態度で断る必要があります。

将来への不安

会社の規模や業種によっては、昇進昇格の機会が限られている場合があります。特に、中小企業の場合、役職定数が少なく、管理職への昇格が難しいケースが多いです。また、近年は終身雇用制度が崩壊し、年功序列よりも成果主義が重視されるようになり、若手社員がすぐに管理職に昇格することは難しくなっています。

基本給に加えてインセンティブが加算されるため、成績によって収入が大きく変動する職種です。しかし、景気悪化や競争激化の影響を受け、目標達成が難しくなり、収入が減少してしまう可能性もあります。また、年齢とともに体力やモチベーションが低下し、以前のように成績を上げることが難しくなるケースもあるでしょう。

営業を辞めた or 辞めたい人の声

スクロールできます
20代男性

入社当初は、目標を持って営業職に取り組んでいました。しかし、会社規模が小さく、役職定数が少ないため、昇進昇格の機会が限られていることに気づきました。また、徹底した成果主義のため、努力が報われず将来的にも管理職に昇格することは難しい状況でした。将来のキャリアパスが見通せなくなり、営業職を辞めることを決意しました。

30代女性

ノルマ達成に追われる毎日で、お客様との信頼関係を築く時間や、商品・サービスについて理解を深める時間もありませんでした。単なる数字合わせの仕事に嫌気がさし、営業職としてのやりがいを感じることができなくなりました。また、会社規模が小さく、昇進昇格の機会も限られているため、将来のキャリアパスも見通せなくなり、不安を感じていました。

20代女性

入社当初から、上司から暴言や脅迫を受けるなど、パワハラを受けていました。仕事に対するモチベーションが低下し、体調を崩してしまうこともありました。会社に相談しましたが、十分な対応してもらえず、将来に対する明るいビジョンも見えず退職を決意しました。

「いつまで営業を続けるのか・・・」という漠然とした不安は、ほとんどの営業職に就く人が感じているのではないでしょうか。営業で一定の成果を挙げても、毎月のラットレースから抜け出せずに「一生このままなのかも」と将来への不安から仕事を辞める人が少なくありません。

「営業を辞めてよかった」と感じている人の声

以上のように、営業を辞めたい理由は人によってさまざまです。では、つらかった営業職を実際に辞めて「よかった」と感じている人や「辞めて幸せになった」と実感している人はどのくらいいるのでしょうか。営業職から離れ、現在は別の仕事に就いている人の声を紹介します。

「営業を辞めてよかった」と感じている人の声

毎日ノルマ達成に追われ、精神的に追い詰められる日々でした。休日も仕事のことを考えずにはいられず、心身ともに疲弊していました。そんな時、思い切って転職を決意。現在は事務職として働いていますが、ノルマのプレッシャーがなくなり、心身ともに健康になりました。以前は考えられなかったほど、家族との時間も増えました。営業職を辞めて本当に良かったと思っています。(20代男性)

他の「営業を辞めてよかった」と感じている人の声

「営業職は、目標達成のために常にプレッシャーを感じていました。顧客とのトラブルや社内での競争など、人間関係のストレスも大きかったです。しかし、事務職に転職してからは、そういったストレスから解放されました。今は、穏やかで安定した環境で仕事に取り組めています。(20代女性)」

「営業職は、ひたすら数字を追いかけるだけの単調な作業に感じていました。しかし、コンサルタント職に転職してからは、クライアントの課題解決に向けて、多様な業務に取り組むことができます。自分のアイデアや提案が実際に形になる瞬間は、大きなやりがいを感じます。(20代女性)」

「残業や休日出勤が多く、ワークライフバランスが崩れていました。しかし、在宅勤務可能なIT企業に転職してからは、自分のペースで仕事を進められるようになり、家事や育児との両立もしやすくなりました。仕事とプライベートの充実を両立できる環境に感謝しています。(20代男性)」

土日も含めて、毎日のようにノルマや顧客対応に追われていた日々から解放され、以前に比べてワークライフバランスが取りやすくなった人が多いようです。営業以外の仕事にも目標は与えられますが、営業はとくに社内外からのプレッシャーがかかりやすいでしょう。数字だけではなく人間関係のストレスなども軽減したことで、自分のキャリアを見つめ直す機会も設けやすくなります。

「営業を辞めない方がよかった」と感じている人の声

一方で、営業職を「辞めない方がよかった」と感じている人もゼロではないようです。辞めたことを後悔している人の声を紹介します。

「営業を辞めない方がよかった」と感じている人の声

コンサルティング会社で営業職をしていました。営業を通して培ったスキルや経験を活かして、独立することを夢見ていました。しかし、独立には大きなリスクが伴うため、結局断念してしまいました。現在は安定志向の仕事に就いていますが、どこか物足りなさを感じています。もっとチャレンジ精神を持って、独立を目指せばよかったと後悔しています。(30代男性)

他の「営業を辞めない方がよかった」と感じている人の声

「営業職を辞めて事務職に転職しましたが、全く新しいスキルを習得する必要があり、想像以上に大変でした。営業職で培ってきたスキルは全く活かせず、キャリアダウンを実感しています。転職前に、もっとスキルアップしておくべきだったと後悔しています。(20代女性)」

「営業職は、成果に応じて給与が大きく変動するシステムでした。しかし、事務職に転職すると、基本給のみとなり、収入が大幅にダウンしてしまいました。生活が苦しくなり、転職を後悔しています。(30代男性)」

「営業職を辞めた後、思ったよりも転職先の選択肢が狭いと感じました。営業職で培ってきたスキルや経験が、他の職種では活かせないことが原因です。転職活動に時間を費やし、希望に合う仕事を見つけることができませんでした。もっと計画的に転職活動を進めていればよかったと、後悔しています。(20代男性)」

営業を辞めて後悔している人の多くは、インセンティブなどの成果給がなくなり、結果的に収入が下がったことが主な理由となっています。良くも悪くも、営業職は成果が出せれば他の職種よりも高い収入が見込める仕事です。しかし、営業で高い収入を実現できるのは一部の人間であるため、転職による収入減は仕方がないことのように思います。お金よりも大切なものを優先した結果です。

営業に向いていない人の特徴・性格

営業職は、仕事の基本的ないろはを学べる職種でもあるため、営業で培ったスキルやノウハウは別の仕事に転職しても汎用的に活かしやすいものです。しかし、それもきつい営業活動をやり続けて結果を出すなかで得られるスキルでもあるため、自分には合わないと感じたまま無理に続けても、その後のキャリアに役立つ経験かどうかは怪しいです。

そのため、営業という仕事に、今だけではなく将来的にも役立つスキルの習得や、明確なキャリアプランを持っている人は多少つらくても営業を続けた方がよいでしょう。

一方で、営業に向いていない人の主な特徴・性格は次の8つです。

営業に向いていない人の8つの特徴・性格
  • 人見知りで初対面の人と話すのが苦手
  • プレッシャーに弱い
  • 断られるのが苦手
  • 自分の意見を言い切れない
  • 明確な目標がない
  • 根気が続かない
  • 行動力があまりない
  • 競争心が弱い

営業は常に新しい顧客とコミュニケーションを取らなければならない仕事です。初対面の人から「いらない」と断られるつらさは、他の仕事にはあまりないストレスでしょう。しかし、断られることも営業の一部であるため、その度に落ち込んでいたら仕事になりません。

とはいえ、きつくても耐えられる「営業を続ける明確な理由」がある人ばかりではないため、「経験として就いたが、自分には合わなかった」と感じるのであれば、それは営業が向いていなかったからでしょう。単に向き不向きの問題であって、営業ができなくても他の仕事なら輝ける人は大勢いるのです。

営業を辞めたいときの対処方法

営業を辞めたい人は、精神状態や身体的な辛さなど応じて、大きく分けて以下3つの選択肢から考えましょう。

今すぐ楽に営業を辞めたい人は『退職代行』に相談

『退職代行』とは、本人の代わりに会社に連絡し、退職の手続きを代行してくれるサービスです。退職代行サービスの最大のメリットは、なんといっても「自分は何もしなくても会社を辞められる」ことです。上司や先輩との摩擦も、引き止めや退職を先延ばしにされるといったことも起きません。早ければ、依頼した日に退職が決定することもあります。

弁護士監修の元、『労働環境改善組合』と提携して会社と交渉するなど万全の体制が敷かれているため、「損害賠償を求められたらどうしよう・・・」と法的な心配をする必要はありません。『退職成功率100%』の実績を持つサービスに相談すれば、さらに安心して退職できるでしょう。さらに、店舗まで行けば、目の前で退職を確定させてくれるサービスまで登場しています。

『退職代行サービス』に相談してから退職するまでの流れ
  1. LINEやメール・電話で無料相談する
  2. 打ち合わせ
  3. 契約・支払い
  4. 会社に連絡してもらう
  5. 退職の手続きを完了する

悩んだら、まずはLINEやメールなどお好みの方法で相談しましょう。打ち合わせの形式はオンラインかオフライン(来店)いずれか相談しやすい方法を選択できます。退職理由については、代行業者も理解しているため誤魔化す必要はありません。素直に状況を話して大丈夫です。

退職に向けた流れを双方で固めたら、事業者が代わりに会社に連絡してくれるため、費用を支払ったら本人がやることはありません。退職が決定したら、事業者の案内に従って諸所の手続きなどを進めましょう。

『退職代行サービス』に相談するのがおすすめの営業マン
  • 精神的に追い込まれており、会社の人と話すのが億劫になっている人
  • 会社に近づいたり、電車に乗るだけで動悸が激しくなったり手足が震える人
  • 上司や先輩との摩擦や引き止めが面倒で、とにかく早く辞めたい人

身体に何かしらの影響が出ている場合はもちろん、精神的に辛いと感じている人は無理せず相談した方がよいです。本当に追い込まれてしまったときには遅く、冷静に判断できるうちに逃げ込まないと自分では正しく選択できなくなります。正しい選択とは、自分自身の健康を最優先するための選択です。「無理をしている」と少しでも感じていたら、何よりも自分のために退職代行を頼りましょう。

ただし、「簡単に辞められる」ことは人によってデメリットにもなります。「仕事が少し嫌だな」と感じた程度の理由で、安価で手軽だからと退職代行を使い続けることがおすすめしません。

会社に味方がいない。「辞める」と伝えることで上司や先輩にもっと怒られてしまうかも知れないなど、周りに頼れる人がいないとき中立の立場で相談に乗ってくれるのが『退職代行』です。楽に辞められる反面、退職理由のハードルが下がり続けてしまうリスクもあるため、緊急度に応じて検討しましょう。

言いやすい・相談しやすい上司や先輩がいる場合は『円満退社』で辞める

今の仕事がどんなに辛くても、可能であれば『円満退社』で辞めることが望ましいです。円満退社とは、双方(従業員と会社)が納得した状態で労働契約を解除することです。人間関係や問題を清算して次に進むことで、辛い経験も糧にできますし、何より困難にも立ち向かう耐性がつきます。後に良好な形で仕事の付き合いが発生する可能性もあります。

とはいえ、このページをご覧の人は、人間関係や職場環境の問題から「円満退社できない状況に追い込まれている」ことがほとんどだと思いますので、基本的には退職代行か後述の転職エージェントを頼ることが解決策になるでしょう。

『円満退社』で辞めるまでの流れ
  1. 退職の意思表示を伝える
  2. 退職日が決定する
  3. 退職届を作成して提出する
  4. 業務を引き継ぎする
  5. 社内や取引先に退職の挨拶をする

勇気を出して上司に退職の意思を伝えられそうな人は、背水の陣で話してみることをおすすめします。自分が疑心暗鬼に陥っていただけで、他人はそこまで悪意を持っていなかったケースも珍しくありません。摩擦が生まれたとしても、自分の言葉で伝えて辞めたことは大切な経験になります。

『円満退社』で辞めるのがおすすめの営業マン
  • メンタル的にしんどいが、会社や上司に話す勇気がある人
  • 直属ではなくても、相談しやすい上司や先輩がいる人
  • 転職先が決まっており、業界内の評判なども考えて退職後に余計な心配をしたくない人

円満退社で辞めることがおすすめなのは、あくまで味方になってくれそうな上司や先輩がいる場合です。四面楚歌の状況では相当な勇気がいりますので、それによってさらにメンタルを追い込むのは避けたいでしょう。

円満退社を考える余裕がない人は、無理をせず退職代行か転職エージェントに相談しましょう。その結果、まだ今の仕事を頑張れると考え直す人もいます。自分の心に素直に従うことをおすすめします。

営業は辞めずに他の選択肢を考えたい人は『転職エージェント』に相談

すぐに結論は出したくないが、仕事が辛くていずれ辞めたいと考えている人は『転職エージェント』に相談するのも手です。転職エージェントは、キャリアコンサルタントと呼ばれる専門スタッフが、転職希望者のキャリアプランや希望条件などをヒアリングし、それに合致した転職活動のアドバイスをしてくれます。

転職エージェントでは、非公開求人情報も含めた幅広い求人情報を持っているため、希望に合致した求人に巡り合える可能性が高くなります。すぐに退職や転職を決める必要はないため、登録だけしておいて網を張っておくのも賢い選択です。

『転職エージェント』に相談してから転職するまでの流れ
  1. 転職エージェントに登録
  2. キャリアコンサルタントとの面談
  3. 求人の紹介
  4. 応募・面接
  5. 内定・入社

ひとつのエージェントだけに頼るのではなく、複数のエージェントに登録することをおすすめします。また多くの転職エージェントは、成功報酬型を採用しています。成功報酬の金額はエージェントによって異なるため事前に確認しておくことが大切です。

『転職エージェント』に相談するのがおすすめの営業マン
  • 今後のビジネスキャリアが明確な人
  • キャリアアップのために今の環境を耐えられる人
  • 今すぐではなく、数か月先まで退職の予定を先延ばしにできる人

転職エージェントを利用するのは、ビジネスにおけるキャリアプランがある程度明確であり、仕事に対して前向きに考えられている人です。言い換えれば、今の仕事がきつくても耐えられるだけのモチベーションを保てる人であり、気持ちに余裕がある場合は転職エージェントを検討しましょう。

転職活動は、あくまでも自分自身で行うものです。担当者に全てを任せてしまうのではなく、主体的に情報収集や活動を行うようにしましょう。

営業を辞めた後のキャリアプランやおすすめの転職先

営業職はやりがいのある仕事ですが、プレッシャーや人間関係の難しさなど、多くの課題もあります。そのため、営業がつらくて辞めてしまう人も少なくありません。

では、営業職を辞めた後、次にどのような職種を選択すればよいのでしょうか? 営業を辞めた後におすすめの転職先となる8つの選択肢を紹介します。

おすすめの
転職先
おすすめの理由
事務職営業職と比べて、規則正しい勤務時間で、ワークライフバランスが整えやすい傾向がある。また、オフィスワークが中心で、体力的な負担が少ない
カスタマーサービス職営業職で培った顧客対応スキルを活かせるだけでなく、コールセンターであれば在宅勤務が可能となる場合もある。接客業であれば、人と接することが好きな方にはやりがいのある仕事。
公務員安定した収入と充実した福利厚生を得られるため、将来の不安が少ない。土日祝休みや有給休暇など、休暇制度が充実していることが多い。
IT業界成長著しい業界であり、高収入が期待できるだけでなく、新しいスキルを学ぶ機会も多い。在宅勤務やフレックスタイム制など、柔軟な働き方を取り入れている企業が多い。
教育業界子供や学生と接する機会が多く、常に新鮮な気持ちで仕事に取り組め、やりがいのある仕事に感じやすい。社会貢献にも直結する。

営業で培った顧客対応の能力やヒアリング力、コミュニケーション能力などがあれば活躍しやすい仕事ばかりです。また、営業に比べてワークライフバランスを取りやすい職場環境が多いことも喜ばしいでしょう。

一方で、倫理観や社会性などを理由に営業を辞める人は、教育関連の仕事や公務員など、社会にとって必須であることが直接的に感じられる仕事に転職することをおすすめします。

大卒の3年以内の離職率

厚生労働省が発表している「新規学卒就職者の離職状況」によると、令和2年卒の大卒3年以内の離職率は32.3%となっています。これは、2019年(平成29年)3月卒の32.8%から微減していますが、依然として高い水準です。

経験年数離職率
新卒1年目10.6%
新卒2年目11.3%
新卒3年目10.4%
3年以内に辞める人の割合(合計)32.3%

出典:厚生労働省(学歴別就職後3年以内離職率の推移)
※令和2年度の割合

大卒3年以内の離職率が高い理由は、複合的な要因が考えられます。長時間労働や休暇取得の難しさなど、ワークライフバランスの課題も離職の大きな要因でしょう。さらに『配属ガチャ』など、希望した配属先ではなかったために早期退職する人も少なくありません。

さらに、価値観だけではなく働き方も多様化する現在では、副業やダブルワークで働く人も増えています。必ずしも、大卒で正社員を続けることが自身にとって最良の選択ではなくなってきているということです。

大卒で3年以内に営業を辞めた or 辞めたい人の声

「営業職は確かにやりがいのある仕事ですが、長時間労働と休日出勤の多さに耐えられませんでした。残業代は支払われていましたが、家に帰るのは深夜になり、家族との時間や趣味を楽しむ余裕が全くありませんでした。プライベートな時間を犠牲にしてまで働くことに疑問を感じ、2年で転職を決意しました。(30代男性)」

「上司との人間関係に悩み、精神的に追い詰められたことが退職の理由です。上司からのパワハラや理不尽な要求が多く、常にストレスを感じていました。同僚との人間関係も良好ではなく、孤立感もありました。心身ともに消耗し、1年で退職しました。(20代女性)」

「最初は営業職に情熱を持って取り組んでいましたが、厳しいノルマや長時間労働、人間関係の悩みなどにより、次第にモチベーションが低下しました。仕事への意欲を失い、2年で退職しました。(20代男性)」

短大等卒の3年以内の離職率

続いては、同資料から「短大等卒の3年以内の離職率」です。

経験年数離職率
新卒1年目16.3%
新卒2年目13.5%
新卒3年目12.8%
3年以内に辞める人の割合(合計)42.6%
※令和2年度の割合

短大は2年間という短い期間で専門知識を学ぶため、将来のキャリアビジョンを明確化することが難しい場合があります。入社前に描いていた想像していた仕事と、実際の仕事内容が大きく異なることでモチベーションが低下し、早々に離職を考える人も多いのでしょう。

また、2年間という短い期間で実務経験を積むことが難しいことも離職の理由です。必要なスキルや知識は、就職してから現場で身に付けていくものですが、一人前になるまでの期間は仕事に追いつけず自信を失ってしまい、続ける気力も無くなってしまいます。

短大等卒で3年以内に営業を辞めた or 辞めたい人の声

「入社前は、営業職でキャリアアップを目指していました。しかし、実際には成果主義が徹底されており、自分の努力が必ずしも評価されるとは限りませんでした。期待していたキャリアアップの道筋が見えず、2年で転職を決意しました。(20代女性)」

「営業職は数字に追われるだけの単調な仕事で、創造性や達成感を感じることができませんでした。毎日同じようなテレアポや訪問を繰り返すことにうんざりし、2年で退職を決意しました。(20代男性)」

「営業職は顧客対応も多く、理不尽なクレームや要求にさらされることが頻繁にありました。精神的に疲弊し、心身ともに健康を損なう前に辞めるべきだと感じ、1年で退職しました。(30代女性)」

高校卒の3年以内の離職率

最後に、同資料から「高校卒の3年以内の離職率」です。

経験年数離職率
新卒1年目15.1%
新卒2年目11.7%
新卒3年目10.2%
3年以内に辞める人の割合(合計)37.0%
※令和2年度の割合

高校では、将来のキャリアについて深く考える機会が少ないため、明確なキャリアビジョンを持っていない生徒が多いです。学生からいきなり社会人としてシフトすることにギャップを覚え、十代とまだ若い世代からすれば「社会の厳しさ」は耐え難いものがあると思います。

また、ほとんどの高卒者は初めて社会に出るため、社会人としてのマナーや仕事のやり方が分からないことが多いです。周囲の先輩社員とのコミュニケーションに不安を感じ、孤立してしまうことがあります。

高卒3年で以内に営業を辞めた or 辞めたい人の声

「入社前は、明るく活気のある社風というイメージを持っていました。しかし、実際には社内の風土が悪く、上司や同僚との人間関係に悩みました。孤立感やストレスを感じ、2年で退職を決意しました。(20代女性)」

「営業職は、将来のキャリアプランが見えにくい仕事だと感じました。成果主義が徹底されており、自分の努力が必ずしも評価されるとは限りませんでした。将来への不安を感じ、1年で転職を決意しました。(30代男性)」

「入社前は、営業職でキャリアアップを目指していました。しかし、実際に営業職を経験してみると、営業職以外の仕事に携わりたいという気持ちが高まってきました。自分の興味や適性に合っていないと感じ、2年で退職を決意しました。(20代女性)」

まとめ

営業は毎月ノルマに追われ、顧客対応に追われ、精神的にも肉体的にもタフな人でなければ務まりません。もし今、「営業が辛くて辞めたい」と考えるほどに心身ともにまいっている人は、無理をして身体を壊す前に、退職代行など外部のサービスの利用を検討しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次